引越し 手続き 準備

引越し手続き応援隊

面倒で忘れがちな引越し手続きが簡単にできる方法を教えます

メニュー

引っ越し後の手続き引越し難民にならないために引っ越しシーズン到来!年末の引っ越しのメリット・デメリット引越しの情報をこれから提供していきます

引っ越し後の手続き

引越しって引っ越し前にする手続きと引っ越しが終わってする手続きがありますが、基本的には引っ越し後の手続きのほうが多いです。

やはり住所変更することによって行う手続きが圧倒的に多いんですよ。しかも忘れることも多いのがこの引っ越し後の手続きなんです。

例えば市役所で行う転入届を忘れることはほとんどありませんが、住所変更しなければならない物には以下の物があります。

年金、運転免許証、自動車保険、生命保険、銀行口座、クレジットカード、証券会社、携帯電話会社、ポイントカード、車(バイクのナンバー)、NHK、スカパーなどなど、あげればきりがないし、人によっては他にも必要な住所変更手続きがあるかもしれません。

それほど引っ越し後にする住所変更の手続きは多いので、必ず市役所などにいく前にどれほど住所変更手続きが必要なのか?住所変更するのに必要な書類は住民票でなければだめなのか?住民票のコピーでもいいのか?などを確認し、確実に住所変更手続きを行わなければ不都合が出ることもあるので注意が必要です。

ただ最悪忘れていても、郵便局へ転居届を出しておけば転送されるので、まずは引っ越し前に郵便局の転居手続きを行うことをオススメします。

このように引っ越し後の住所変更手続きをするだけでもかなり面倒ですが、引っ越しをするということはそういうことなので、諦めて引っ越し後は早めに手続きを行いましょう!

引越し難民にならないために

今年初めて聞いた言葉、引っ越し難民。つまり引越をしたいのに、引っ越し業者を確保することができず⇒引越しをすることができない人たちのことです。

少し前までは例え1月から4月までの引っ越しシーズンでも、希望日がいくつかあれば引っ越し業者を確保できない事なんてありませんでしたが、この1、2年は引越業者だけでなくドライバー不足によって宅配業者、長距離トラックなどの運転手の争奪戦が繰り広げられており、引っ越し業者も運転手不足で、運転手の給料が値上がりしているので、宅配の送料、引っ越し料金も値上げされています。

料金が値上げされただけではなく、引越しさえできなくなっているんですね。。

もちろんこれは1月から4月までの引っ越しシーズンだけのことで、これ以外のシーズンであれば引越業者を確保できないことはありませんが、就職、進学、転職、転勤などで3月くらいに引っ越しをする人が多いのも事実なので、この問題を解決しなければ、来年以降もっと状況が悪化し、この状況が続けば不動産業界にも大きな痛手となり、しいては社会問題になる可能性もありますからね。

ですからこれから引越しを予定されている方は、引っ越しが決まればできるだけ早めに引越業者を決めること、出来るだけ平日に引っ越しをすることなどで対処できると思いますので、引っ越しが決まればのんびりせずに、すぐに動き出すようにしましょう!

引っ越しシーズン到来!

いよいよ引っ越しシーズンの到来です!毎年1月から4月までは多くの方が引越をする時期なので、引っ越し業者、不動産業者などは1年で最も忙しい時期になります。

大学生、新社会人、お部屋の更新に伴う引越しなど、とにかくこの時期は多くの方が引越を考えていますので、とにかく全てにおいて早目早目の行動、手続き、準備をしなければなりません。

引っ越し業者を決めたり、部屋を決めるのも、のんびりしていたり、優柔不断で決めることができなければドンドン決まっていき、結局料金が高い引越業者や、条件が良くない部屋しか余っていない状況になるので注意してください!

特に地方よりも東京などの大都市では顕著で、地方から東京へ引っ越す方は、このことを肝に銘じておいてください!

さて引っ越しシーズンと言っても1月はまだ引越業者も不動産業者も余裕がある時期なので、可能な方は少しくらい早くなっても良いので1月中の引っ越しをおすすめします。

もちろんこの引っ越しシーズンに絶対引越しをしなければならない人以外は、4月以降になれば引っ越し料金も安くなりますし、お部屋の家賃も安くなったりするので、個人的には引っ越しシーズンを避けて引っ越しすることをおすすめします。

いずれにしてもこれから引越しのトラックを頻繁に見かけるようになり、春を感じる季節ですので、もう少し寒い冬を耐えて乗り切りましょう!

年末の引っ越しのメリット・デメリット

年の瀬となり、慌ただしい毎日を送っています幹人です!年々、1年が早くなり、去年の年末、クリスマス、大晦日なんてついこの前のような感じですが、あっという間の1年でした。

さて年末に引っ越す方は少ないと思いますが、もしも年末に引っ越す場合の注意点を今回はあげさせてもらいたいと思います。

まず年末に引っ越すこと自体、少しリスクがあります。というのも年末は引っ越し業者が確保しているトラック、人員が少ないので、引っ越しを頼むのが難しくなります。

特に12月20日以降の引っ越しを考えている方は早めに引越業者を確保しておかなければ、例えば12月前半までには引越業者を決めなければ引っ越し業者を使っての引っ越しはできなくなる可能性が高いです。

そうなると自分たちでレンタカーのトラックを借りて引っ越すしかないのでかなり大変ですし、そもそも引っ越し自体難しくなります。

また年末の引っ越しは昔からどうしてもイメージが良くないので、引っ越し先のマンション、アパートの管理人、住人にも良い顔をされない可能性も高いです。

一方で年末の引っ越しのメリットもあります。まず年を越して1月以降になると引っ越し業界は忙しくなるので希望日に引っ越しができない、さらに引っ越し料金も高くなりますが、年末であれば引っ越し業者を確保さえすれば希望日に引っ越しができる可能性が高く、引っ越しシーズンではないので料金も安くなります。

このように年末引っ越しにはメリットもありますので、それらを比べていつ引っ越しをするかを決めましょう!

引越しの情報をこれから提供していきます

過去に引っ越し業界で働いており、引っ越しの情報に精通していると自負している幹人39歳です!

私は大学卒業後、引っ越し業界へ就職し、主に法人のお客さまの引っ越しをお手伝いしていましたが、忙しい春の引っ越しシーズンは個人のお客様の引っ越し見積りなども行っていたので、個人から法人まで幅広い引越を見てきました。

今は引っ越し業界とは全く関係ない業界で働いていますが、友人や知人が引越しをする際には今でも僕に色々聞いてきて、一般の人は毎年引っ越すわけではないので、引っ越しについて知らないことが多いんだなと感じたために、それなら引っ越しについて分かりやすいサイトを作って見ようと思い、このサイトを作成することにしました。

このサイトでは引越しをするうえで避けて通れない各種手続きの仕方や、引っ越しを安くするためのお得な裏情報、引っ越し後にできるだけ早く日常生活を送るための情報を提供する予定です。

個人的には昨年、新築一戸建てを購入したので、これから数年、数十年、または一生、引越しをすることはないかもしれませんが、僕が経験したことや知っていることが、これから引越しをする人に役立つのであればと思っていますので、引っ越しを控えている方は当サイトを参考にしていただければと思います。

メニュー

引っ越し後の手続き引越し難民にならないために引っ越しシーズン到来!年末の引っ越しのメリット・デメリット引越しの情報をこれから提供していきます


Copyright ©引越し手続き応援隊 All rights reserved.

ログイン